高知遠征ゴルフツアー

記念写真(5月16日Kochi黒潮カントリークラブ)

記念写真(5月17日土佐カントリークラブ)

ゴルフ部長コメント L千田 一光

冒頭に今回のゴルフ部の高知遠征(5/16~5/17)に於きましては、21名(家族会員含む)という多数の御参加を頂いた事にゴルフ部を代表して心より感謝いたします。

丁度、一年前に県営名古屋空港からの高知便が出ていて、一泊二日の旅行が可能になったと言う情報を聞いて、早速幹事のL大薮と会計のL松尾の二人で遠征企画を進めて頂きました。

今回の日程は、高知市内に宿泊して、一日目は毎年男子のカシオワールドオープンが開催されるkochi黒潮カントリークラブ、二日目も3月に女子プロが開催された土佐カントリークラブで2つも太平洋が見える名門コースです。幸いに二日間共に天候に恵まれ絶好のコンディションとなり、参加して頂いたメンバーの皆さんには喜んで頂けたではないかと思っています。

個人的にはドライバーとアイアンを遠征に向けて新調して臨みましたが、取扱説明書も無かったせいか扱い方が解らず、二日間とも100点オーバーの結果となってしまいました。また、来年に向けて更に道具にお金をかけて、精進しておきます。

冒頭にも触れましたが、最近は遠征の参加者も一段と増えて活気あるものになっています。実は、この様な親睦が延いてはライオンズクラブの活動を盛り立てる源ではないかとも思っています。ですから、今回参加出来なかった方も是非次の機会には楽しい遠征をご一緒しましょう。

最後に皆様には一年間ゴルフ部にご協力して頂いてありがとうございました。また、幹事L大薮と会計L松尾には本当にお疲れ様でした。

 

 

△優勝者(右)L清水 昌春

優勝者コメント L清水 昌春

今回初めて丹羽ライオンズクラブの高知県遠征ゴルフコンペに参加させていただき、2ラウンド連続優勝をしました清水昌春です。                                                       まずは、ゴルフ部(L千田一光、L大薮伸康、L松尾幸次)の幹事様には、遠征中に大変お世話になり有難うございます。また幹事様の緻密な段取りと進行の手際良さには只々関心をするばかりで、多数の会員様が遠征にご参加される理由が理解できました。                                                      初日の黒潮カントリークラブ(ハンデ戦)で優勝〈78〉出来たのは、ご一緒させていただいたL千田一光とL八田亨の先輩方に面倒をみていただき、とても和気藹々なリラックスした雰囲気を作っていただいたお蔭で、自身の実力以上の成績が出せました。

2日目の土佐カントリークラブ(Wぺリア)で優勝〈83〉出来たのは、ゴルフ部きっての飛ばし屋と言われる大薮伸康Lと佐藤友泰Lとのラウンドということで、多少の気負いはありましたが、3ホール目で飛距離では勝てないと思い、方向性を重視したプレイスタイルに変更し、Wぺリアの隠しホールも見事に入っていた事が勝因につながりました。

次回のハンディが12→7となり、もう優勝することは皆無にひとしいですが、丹羽ライオンズの皆様と楽しくゴルフが出来ることが、私の楽しみの一つとなりましたので、今後ともゴルフはもちろんの事、その他の面でもご指導を賜りますよう宜しくお願いをいたします。