役員挨拶

◆第41代会長挨拶 所信

L.大薮 伸康

丹羽ライオンズクラブも結成40周年を終え、次なる45周年、半世紀の節目となる50周年に向けて新たなスタートを切ります。
メンバー全員に信任して頂き、歴史と伝統ある丹羽ライオンズクラブの第41代会長として新たな第一歩を踏み出せることは、身に余る光栄であり大変な重責を感じております。
私が丹羽ライオンズクラブに入会してから10年目を迎えます。歴代会長と比べ、最年少の会長(52歳)として若さを生かしたクラブ運営をしていくことが私に課せられた使命だと思います。微力ではありますが、皆様のお力添え、ご協力を得て職を全うさせていただきたいと思います。

我がクラブ内の年齢を見てみると、最年長は90代、最年少は40代です。
親子世代の交流は元より孫世代までの交流となっております。ライオンズクラブの最大の魅力であり、私たち丹羽にとっての掛け替えのない財産であると確信しています。
その為に会員同士の世代間交流を大いにして頂き、益々親睦を深め、経験豊富な先輩諸兄と、行動力豊かな若いメンバーとが『互いを認め合う気持ち』を大切にし、相まって素晴らしいライオンズスピリッツが発揮出来るようなクラブを目指していきましょう。

クラブの活性化がまちの活性化になると思います。まちに「人」がいなければまちは成り立ちません。クラブも同じではないでしょうか?
「元気なクラブづくり」の基礎は「人」にあります。未来も人がつくるものです。
地域制(丹羽郡)を活かして一人でも多くの仲間(会員)を増やし、会員皆で我々の地域にムーブメントを巻き起こしましょう。

最後になりますが、皆が幸せな明るい社会を求め、ウイサーブの精神をもって、45周年、50周年(半世紀)に向けて第一歩を踏み出せるよう新たな発想や手法も取り入れた活動をしていければと思いますので、皆様の深いご理解とご協力をお願い致します。

◆役員就任挨拶

幹事 L.藤本 勝

本年度、L.大藪伸康大藪会長の元、幹事という大役を務めさせて頂く事になり、大変、身の引き締まる思いであります。
まだ入会5年目とライオンズ歴も浅く経験・実績共に未熟ではありますが、会長の補佐・クラブ運営のスムーズな進行が出来る様頑張って1年間勤めて行きたいと思います。
会長の掲げる『人』を基に、クラブの活性化・会員同士の世代間交流及び親睦を深めていただき、温故知新の一助となれるよう精進します。
地域交流の活性化につきましても、丹羽ライオンズクラブと大口町・扶桑町両町の交流の一助となれるよう職務を全うしていく所存であります。
最後になりますが、何卒、クラブの皆様のご指導・ご協力を宜しくお願い致します。

会計 L.丹羽 嘉英

この度、会計を仰せつかりました丹羽嘉英です。初めての三役で不安もありますが役員はじめクラブメンバーの皆様と協力し頑張りたいと思います。
また、コロナウイルスの影響で従来通りの活動はできませんが、丹羽ライオンズクラブの一員として最善を尽くし奉仕活動の一助となれば幸いです。一年間宜しくお願いします。

第一副会長 L.松尾 孝次

本年度、第一副会長を務めさせて頂きます 松尾です。
前年度は、第二副会長として微力ながら活動を行ってまいりました。
そのような中、本年度は、大薮会長の元、第一副会長として、皆様方のご協力、ご指導を仰ぎながら、更に私の今日までの経験を踏まえて、重要な職務を全うしていきたいと考えております。
昨今は、「新型コロナウイルス」という想像すらしていなかった感染症が、世間を押下している状況で御座います。ライオンズの会員の皆様、ご家族の皆々様、そして一般世間に於いても様々な障害が発生しており、事態の収束には未だ不鮮明な状況となっております。
このような状況の中、ライオンズとして何が出来るのか、第一副会長として何が出来るのか、私個人として何が出来るのか、暗中模索ではありますが、何かを掴んで実施していくことが出来ます様、誠心誠意努力して行く所存で御座います。

第二副会長 L.八田 亨

大薮会長のもと第二副会長に拝命いただきました。ライオンズクラブ歴が浅くまだまだ未熟ではございますが精一杯務めさせていただきます。
クラブ運営についてまだまだ分からないことばかりですがより一歩でも前進できるよう勉強させていただきます。
微力ではございますが丹羽ライオンズクラブの発展に貢献できるよう精進する所存でいたします。
どうか皆様、一年間よろしくお願いいたします。

◆委員長就任挨拶

ライオンテーマー L.村上 錦志

今年度、ライオンテーマーを仰せつかりました。
例会会場の準備、設営の責任をしっかりと務めさせていただきます。
メンバー皆様のご理解、ご支援、ご協力を賜りますようよろしくお願いいたします。

テールツイスター L.酒井 孝

本年度テールツイスターの大役を務める事になり会員の皆様には、新型コロナウイルスで大変御苦労を強いられている中、厳しい現況では有りますがドネーションの予定金額に絶大なるご協力を伏してお願い申し上げます。

奉仕事業委員長 L.増田 収一

この度、奉仕事業委員長を拝命しました増田 収一です。今年度から「環境保全委員会」、「ライオンズクエスト・薬物乱用防止委員会」、「献眼・献腎・骨髄移植推進・献血・聴覚・糖尿病予防委員会」の3委員会を統合して「奉仕事業委員会」が新設されました。
はじめての試みで、不安もありますが、各事業委員長と共に、協力し合い、より良い事業を展開していきたいと考えています。その為には、メンバーの協力が不可欠となります。ご指導ご鞭撻のほど、何卒よろしくお願いいたします。

友好委員長 L.社本 和悦

令和元年度より二年間、友好委員長を拝命し、一年目を終えました。
今年度も初代から歴代の委員長の御苦労と思いを受け継ぎ、微力ながら務めさせていただく所存であります。
今年度は松江湖城ライオンズクラブ様との提携25周年であります。松江湖城ライオンズクラブ様と、よくコミュニケーションをはかって進めていきたく思います。
皆様の御力添えを、是非賜りますよう宜しくお願い申し上げます。
そして一つお話ししたい事は、堀尾吉晴公、堀尾金助(堀尾顕彰会)のおかげで、松江湖城ライオンズクラブ様と丹羽ライオンズクラブの御縁が出来たことを肝に銘じ、心浮かれることなく、その上での友好があることに感謝し、友好を深めて進化していきたいと思っています。長く続くほどに、長く続ける為に、失礼のない様にマナーと礼節をもって、松江湖城ライオンズクラブの皆様と、深く、強く、暖かい、思いやりのある絆が出来る事を願い努めたいと思います。また私にとって心強いのは、前友好委員長L.濱崎が友好委員会に配属されたことです。
重ねて皆様の力添えを賜ります様、また、叱咤、アドバイスをいただく様に、宜しくお願い申し上げます。 合掌

出席委員長 L.本田 正敏

今年度、出席委員長を務めることとなりました本田正敏です。
ライオンズ活動の中で最も重要視され、基本の基でもある例会、その中でも今年の11月においては100%例会を企画しております。
大薮会長の目指す元気なクラブ作りにとって、元気な例会なくしては達成もないし、地域の活性化に繋がりません。
ぜひ皆様の協力の元、例会を盛り上げていきましょう。

FWT委員長 L.大島 敏行

今年度、FWT委員長を務めさせていただくことになりました。一年間よろしくお願いいたします。
今年度は大薮会長が7名の会員増強を目標とされ、早くも新年度スタートの7月に5名の新入会員の入会式が予定されております。目標達成に向けて、メンバーひとり一人からの情報の提供をお願いいたします。
また、FWTとはファミリー&ウーマン チームの略で家族会員の意義を認識し女性会員を増強すると言う意味が込められていますので、是非とも奥様を家族会員として入会をお願いいたします。
新型コロナウイルスの感染拡大防止でライオンズ活動が思うように出来ない状況ですが、メンバー皆さんのご協力をよろしくお願いいたします。

大会・企画委員長 L.宮地 信男

この度、大薮会長の要請により、大会・企画委員長を引き受け、1年間支えることとなりました。
withコロナの中、諸例会が無事開催できるかどうか、先行きが不透明ですが、計画はしっかり行っていきたいと思います。委員会の皆様、会員の皆様のご協力宜しくお願いします。

マーケティング・コミュニケーション委員長 L.長尾 彰人

MC委員長を拝命致しました。クラブを活性化で、まちに多くの奉仕を行う事を掲げるL.大藪会長の所信を、委員会メンバーと協力して達成してまいります。当委員会は、広報誌やHPにて奉仕の素晴らしさを地域に伝え、メンバーの資質向上の一助となるように努めます。
また、平和ポスター・コンテストでは丹羽郡の小学5・6年生を対象に、平和について自分のビジョンを表現する機会をつくります。まだまだ力不足ですが、お役に立てるよう頑張る所存です。

財務・接待委員長 L.舟橋 浩司

今年度、財務・接待委員長を拝命し、責任の重さを痛感しております。
財務委員会は皆さんの会費を預かり、一年間クラブ運営と事業を実行する予算編成を決める事だと思っております。
近年は、会費も多くなり平均年齢も若くなって、大変活気に満ちています。
そんな中、運営費予算も少しは余裕が出来、組みやすくなったと思いますが、皆さんの会費を有効に計画的に活用させて頂きます。
又、今年は新型コロナウイルスの影響で不透明ではありますが、ドネーションを昨年と同類として、事業費も有効活用していきたいと思っております。
一年間、皆様のお力添えを賜りますようよろしくお願いします。
どうか皆様、一年間よろしくお願いいたします。

ライオンズクエスト・薬物乱用防止委員長 L.清水 昌春

今年度、ライオンズクエスト・薬物乱用防止委員長を拝命致しました、清水昌春です。
本委員会は丹羽郡での『社会を明るくする運動』、『薬物乱用防止教室開催』、『中学生スピーチコンテスト』などをメインとして、青少年の健全育成を主にした活動です。
この委員会活動は、教育関係者はもちろん地域コミュニティー団体並びに地域住民の皆様方との連携が不可欠なため、各関係者様との打合せとコミュニケーションを取りながら活動を行います。
また、活動に対しては昨今の新型コロナ対策にも十分に配慮しながら、丹羽ライオンズクラブのPRも兼ねて一生懸命務めさせていただく所存です。
最後になりますが、L.大藪伸康新会長を筆頭に諸先輩方のご指導ご鞭撻と、会員皆様の協力を賜りますよう宜しくお願いを申し上げます。

環境保全委員長 L.佐藤 友泰

今年度、環境保全委員長を拝命しました佐藤友泰です。
環境保全、環境問題といった地球規模の大きなテーマについて考えると、漠然とし、なかなかイメージしづらく、我々一人ひとりに何ができるのかということが浮き彫りになってきません。視点を地域や身の回りに落とし、一人の人間として、あるいはライオンズクラブとして「地球にやさしい」ことを一つ一つ取り組んでいくことが大切であると考えます。プラごみ、レジ袋等のごみ問題、リサイクル、省エネ等々、できることから取り組み、意識を変えていきたいと思います。
また、交通安全監視活動も定期的に行います。メンバーの皆様の温かいご支援ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

三献・骨髄移植推進・聴覚・糖尿病予防委員長 L.佐藤 昌永

この度、三献・骨髄移植推進・聴覚・糖尿病予防委員長を仰せつかりました。本年度も、9月にMEGAドン・キホーテ大口店、来年1月にイオン扶桑店にて献血事業を予定いたします。何分、新型コロナウイルスの状況によって計画も変更を迫られる恐れもございますが、両事業は社会奉仕と地域貢献として大事な事業であると共に両町の皆様に丹羽ライオンズクラブの活動を理解していただける事業にもなりますので不慣れで解らないことが多々あるかと思いますがメンバー皆様のご支援のもと1年間精一杯頑張りますのでご協力お願い致します。

LCIF・国際関係委員長 L.千田 一光

本年度LCIF・国際関係委員長を務めさせていただくことになりました。一年間宜しくお願いいたします。
皆さん、LCIFの寄付金総額をご存じですか?私が最初に聞いたのは2016年8月に前年度国際会長をされた山田寛紘氏がライオンズクラブ国際財団(LCIF)理事長として名古屋に公式訪問をされた時でした。
その時のセミナーでL.山田から「世界でのLCIF寄付総額は2015~2016で3,948万ドル(43億円)。寄付金の国別トップ3がアメリカを抜いて台湾、日本、韓国の順となり合計2,406万ドルでアジア地区から貢献度が非常に高い。」と言われました。
更に資料によると、私達丹羽ライオンズが属する334-A地区は2015~2016に於いて126万ドルの寄付金で日本ではトップであったとの事でした。
その話を聞いて私は私たちのいるこの愛知県が伝統的にLCIFに対して日本で一番貢献してきた事に、自分が寄付してきたわけでもないのに、私自身が誇らしく思ったことを今でも覚えています。もしかしたら、私達の住むふるさとは実は豊かで奉仕の精神が根付いた地域ではないか?とも感じました。
本年度もこの地域の伝統を絶やすことなく、皆さんにLCIFの活動に理解をしていただいて、会員数の20%以上のご協力を是非宜しくお願い致します。

YCE・レオ委員長 L.大森 智

本年度、YCE委員長を拝命いたしました。一年間、委員会活動を通して青少年の育成に努めてまいりますので皆様のご協力をよろしくお願い致します。
さて、新型コロナウイルスの大流行のため国際交流事業のYCE生の派遣および受け入れは夏季・冬季共に中止となりました。当委員会としましてはオイスカ支援事業のみとなりますが、365日静かな活動を進めていきたいと思います。
結びにあたり、ウイルスに負けず安全で安心な生活を送れることを祈念いたしまして就任の挨拶とさせていただきます。

前ゴルフ部長挨拶
前ゴルフ部長 L.近藤 透

『天候に恵まれながらも、環境に恵まれず消化不良』
幹事:L.宮地氏、会計:L.社本氏ら名キャディーに支えられて、ゴルフ音痴の私がゴルフ部長の任務をいただきました。皆さんと楽しくラウンドできるようにと1年コースをじっくり探求して張り切ってスタートしました。
がしかし、スタートホールから二役が揃って欠場し、皆様には大変なご迷惑をかけたことを猛省しました。